透 明 水 彩 壁画、大判 ライブペイント 看板  フライヤー その他

new                old


「 徒然草 第三十二段 」


古典「徒然草」の第三十二段のイメージ画として制作。


徒然草 第三十二段  著:吉田兼好

【原文】

 九月二十日の頃、ある人に誘はれ奉りて、明くるまで月見歩く事侍りしに、
思し出づる所ありて、案内せさせて入り給ひぬ。

荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬ匂ひしめやかにうち薫りて、
忍びたるけはひ、いと物あはれなり。

 よきほどにて出で給ひぬれど、猶ことざまの優に覺えて、物のかくれよりしばし見居たるに、
妻戸を今少しおしあけて、月見るけしきなり。

やがてかけ籠らましかば、口惜しからまし。あとまで見る人ありとは如何でか知らん。

かやうの事は、たゞ朝夕の心づかひによるべし。その人、程なく亡せにけりと聞き侍りし。


【現代語訳】

 九月二十日のころ、ある方のお誘いをこうむって、夜の明けるまで、
月を見て歩くことがございましたが、その方がお思い出しになられた所があって、
取次ぎを乞わせてお入りになってしまった。

荒れている庭には露がいっぱいおりていて、わざわざ焚いたのではない香の匂いが、
しっとりとかおって、ひっそりと、世間から遠ざかり住んでいる様子は、
まことに情趣深く感ぜられる。

 よい頃あいで、その方はお出になったのであるけれども、私は、なお、
この家に住む人の様子が優雅に思われて、物陰から、しばらく見ていたところ、
その人は送り出した後の妻戸を、もう少し押し開けて、そのまま月を眺める様子である。

すぐさま掛金をかけて、中に引きこもったならば、残念なことであったろう。
立ち去ったあとまで、見る人があるとは、どうして知ろう。

このようなことは、まったく、ふだんの心がけによるものであろう。
その女の人は、間もなく亡くなってしまったと聞きました。
 



サイズ:297mm×420mm
画材:透明水彩(ホルベイン)
キャンバス:水彩紙(キャンソン)



top

profile

schedule

blog

picture

shop

friend

contact


open gate No.


Copyright (c) 2006 Takeshi Yamaguchi. All Rights Reserved.